バーチャルリアリティによってカジノ業界はどう変わるのか?

ゲーム業界は、長年にわたり大きく変化してきました。たとえば、オンラインギャンブルが登場する前の時代には、お気に入りのカジノゲームをプレイするには、実店舗型カジノにまで足を運ばなければなりませんでした。テクノロジーの登場によって、昔も今も、ゲーム業界は大きく進歩し続けているのです。実際、1990年代にはインターネットの普及が進み、オンラインギャンブル業界が飛躍的に拡大しました。

オンラインプレイヤーは当初、選べるオンラインカジノの数が限られていましたが、ここ数年で新しいオンラインカジノの数が爆発的に増え、市場は飽和状態になりつつあります。オンラインカジノと実店舗型カジノ、両者にとって、現在のテクノロジーの進歩に着目することは非常に大切なのです。中でも、バーチャルリアリティ(VR)は、最も期待されている新イノベーションです。今となってはさほど新しくないかもしれませんが、すでにさまざまな業界で利用されており、ギャンブル業界も例外にもれず恩恵を受ける可能性が十分にあります。では、バーチャルリアリティがカジノ業界にどんな影響をもたらすのか詳しく見ていきましょう!

VRってどういう意味?

バーチャルリアリティ(Virtual Reality)というと、SF映画や大きなゴーグルをつけてのゲームプレイを連想される人が多いかと思います。バーチャルリアリティとは、コンピュータ上に3次元の人工的な環境を作り出し、ユーザーを外の世界から隔離しながら、まるで本当にそこにいるかのような感覚をシミュレートする技術のことです。ヘッドセットなどの特殊なデバイスなくしては、バーチャルリアリティは実現できません。ヘッドセットにかかる費用は、どのモデルを選ぶかによって大きく変わります。

たとえば、「Oculus Rift」はハイエンドなVRヘッドセットの一つですが、決してその値段は安くはなく、追加機能なしの最もベーシックなモデルでも、最低400ドルします。ただ、VRオンラインカジノゲームをプレイしたい場合は、質の良いVRヘッドセットが必要です。現在では、数多くのヘッドセットが販売されていますので、ご自身の条件にぴったり合うモデルを探してみてくださいね。

オンラインカジノに対してどう影響する?

今のところ、VR技術を受け入れているオンラインカジノは2つほどしかなく、残念ながら、現時点ではゲームの選択肢はかなり限られています。しかしそれでも、バーチャルリアリティをカジノ業界に導入することが断念されているわけではありません。

VRオンラインカジノが一般的に普及する日がやってくるのは、そう遠い未来ではないだろうと考えている人がほとんどです。現在でも、VR対応のヘッドセットやガジェットを選ぶプレイヤーは多く、この種のゲームプレイを提供するカジノでは、VRゲームを体験したいプレイヤーが増加することが予想されています。

ある推定によると、2024年までにVRギャンブル産業は24億ドル増加するといわれています。現時点では、オンラインカジノは特に30歳以上のユーザーを惹きつけようとしていて、3Dアニメーション以外のゲームもリリースする予定だそうです。たとえば、本物のカジノフロアに座っているかのようにギャンブルできたり、ライブチャット機能を使ってプレイヤー同士が交流したりすることが可能になります。

VRを使ったスロットゲームが登場する?

前述のとおり、バーチャルリアリティはまだ開発途中であるため、当然ながら、完全なVR体験を提供できるオンラインカジノは少ないです。一方で、素晴らしい体験が楽しめるVRスロットゲームやVRテーブルゲームが、徐々にですがリリースされています。

ただ、VR対応のゲームに参加するには、VRヘッドセットが必要になります。現在では、いくつかの実店舗型カジノでもVRギャンブルゲームが用意されており、この場合、ヘッドセットを買う必要がないので嬉しいことですが、それでもまだ選択肢はかなり限られているようです。すべてのカジノが何らかのVRギャンブルゲームを提供できるようになるまでには、あと数年ほど待たなければならないのかもしれませんね。